健康食品で目指すハツラツEVERYDAY

サプリメント

食品の活用

健康食品を上手に使う

コラーゲン

c型肝炎はウィルスの血液感染によってうつる病気で、肝臓癌の原因の一つとも言われている恐い病気です。しかし、この病気はウィルスに感染したからと言って即発病するというものではなく、いわゆる健康保菌者の方もたくさん居るのです。そういうリスクを抱えた方々におすすめなのが、健康食品によって身体を整えることです。 健康食品の中には肝臓の働きを促進させるもの、肝臓の疲れをとるものなど、様々な成分があります。ラクトフェリン、アガリスクなど肝臓に良いとされている栄養成分をとることで、ウィルスを体内に持っていてもその発病を抑える助けになったり、治療の助けになったりするでしょう。 肝臓に良い健康食品には様々なものがあります。まずは専門医できちんと診察を受け、医師と相談してどれを飲むか決めましょう。

血液感染を見逃さない

肝硬変から肝臓癌へと進む可能性のある恐いc型肝炎ですが、実はそこまで進むには長い時間がかかります。ほとんどの方は日常生活は何ら健康な方と変わらぬような生活を送りつつ、保菌者になっている、という場合が多いのです。 c型肝炎は血液感染でうつる病気です。以前は輸血などで感染することが多かったのですが、その心配が無くなった今、感染経路は限られていると言えます。恐い病気ではありますが、c型肝炎には治療法もいろいろとありますし、新しい治療法も開発されてきています。何か血液感染の恐れのあるような場面に遭遇したら、まずは検査を受けて早期発見・早期治療を心がける、ということが大切です。 c型肝炎にかかったら肝臓癌にまっしぐら、などということはありません。c型肝炎の正しい知識を持って、元気に生活しましょう。